私の近所に、衣類や家電、家具、本などの買取や販売をしているリサイクルショップがあります。私は、あまり新品であることにこだわりがないので、その店でよく衣類を購入するのですが、なにせ、中古品なのでとても安く、サイズや色もさまざまなものがあり、掘り出し物がたまにあるので、とても楽しく買い物をしています。その店は、たまに、ただでさえ安い衣類を、半額にするセールをしており、「ここは儲けがあるのかな」と、勝手に心配をしていましたが、その心配を覆す出来事が起こりました。

私の家庭でも、私や、子供の服で、もう着れなくなった不用品が出たため、そのリサイクルショップに買取をしてもらいました。ちょっと売るのに戸惑うほど高級だった服もありましたが、思い切って査定してもらいました。結果は、20点ほど持って行って、買い取ってもらえたのは5点で、合計350円ほど。あとは、「状態がよくないから」という理由で値段をつけてもらえませんでした。しかし、もう、処分したかったので、「もう処分したいのでこちらで引き取ってください」と言い、そのまま渡しました。「はい、処分します」と言って店員は受け取りました。

しかし、数週間後、その店に行ってみると、なんと、「処分する」と言っていた服たちが、1000円という値段をつけて店頭に飾られているではないですか!!

これには、私もびっくりし、「これは、儲かるはずだな」と納得した出来事でした。